缶蛙

「あほそうな見た目が好き、実際は真逆で考えすぎだけど」って言われた。

考えすぎって2016年すげぇ言われた。高校卒業して自由な時間が増えて考える時間が増えたからだと思う。

 

考えごとしてたら余裕で1時間過ぎる。知らない間に何か考えてる。考えて考えて落ち込む。考えて考えて元気になる。それの繰り返し。

 

みんなは私が考えてる時間に何をしているのか

 

私が考えごとをしすぎてしまったがために好きな人に距離を置かれてしまった時間、何をしていたのか

 

みんなどうしてそんな器用に生きれるのか

 

今しなければいけないこと、一生懸命に取り組んでます。 

考えごとしてしまうのはきっともう治らないけど、考えごとをした後の対処法は頑張って変えたつもりでいます。

 

もう見てもくれないかな。

 

広告を非表示にする

わかるわかるよ

自分の思考が行動が、自分の思い通りにいかないことへの怒りに耐えられない

 

なんでこんなに何回も何回も繰り返してしまうのか

 

自分のことは好きだし自信も多少はある。でもなんというか、とてつもなく憎くてどうしようもない怒りを自分に対して抱いていて、嫌いと言えば嫌いなんだけど、でも自分はいい子だし、好き。なんて言えばいいかわからない。

 

自分が憎くて、その憎いものを等身大で背負って生きていく日々が苦痛すぎる

 

早く自分を終えたいのに、思い切りも勇気もない

 

自分を正面から見つめたくない。クズだと気づきたくない。逃げたい。気づく前に終えたい。失う前に消えたい。

 

もうどうしたらいいかわからない 助けてほしい

広告を非表示にする

馬鹿は

 

「君がいない日々なんて考えられない」

 

「僕には君しかいない」

 

「baby I love you」

 

とか、「世界中の誰よりも君が好きだ」とか、世界中の人と1秒でも話したことがあるのかって、世の中は薄っぺらい言葉に溢れていて、なおかつそれにとても感動する人間が存在する。(そっちの人数の方が多いし、そっちの人間の方が人生を楽に楽しく生きている)

 

 

「好き」を使わずに「好き」を伝える人の心地良さ

 

アイネクライネという曲の「閉じた瞼さえ鮮やかに彩るために そのために何が出来るかな あなたの名前を呼んでいいかな」って歌詞みたいに

 

日本語って素晴らしいなあって思う

 

 

でも、「僕たち同じ空の下にいるね」って言われて「うんそうだね」って返して、「君が世界中の敵になっても僕だけは君を守るよ」って言われて「うんありがとう」って返して、「君が好きだよ」って言われて「ありがとう私も好き」って返す、

 

そこらじゅうに溢れてる馬鹿馬鹿しいことだけど案外気づけなかったりする

 

ありきたりなことを言われて「ああそうか」って心の底から安心する

 

 

そういうことです この社会の仕組みは

 

 

その結果に辿り着くのが遅いサブカル達が生きづらいのは当たり前

 

みんな、もうちょっと、素直に受け入れたらいいと思う。

広告を非表示にする

にんげん

抱き心地がいいくまのぬいぐるみをぎゅうってして寝てるけど、匂いをかいでも自分の家の洗剤の匂いしかしないし、ぎゅうってしても自分の体温が返ってくるだけだし、人間と寝たい。朝起きたらくま床にぺちってなってるときもあるし

 

 
眠たくなってきて気が遠くなっていくこの感じがすごいイライラする
広告を非表示にする